FC2ブログ
    

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--.--.--    TB: -- | CM: --

go page top

全体会議(2011/6/17)  

meetig0617.jpg
  6月17日(金曜日)に
  全体会議(19時から)を
  NPO環境未来センター希望にて開催しました。
  参加人数は10名弱でした。


プロジェクトのリーフレットを見た方、
サウンドデモのメンバーなど、
新たな参加者が数人来て下さいました。


いつものように
上映会からスタート。

「今こそ九電へ~2011年5月18日九電交渉」を
上映しました。


九州各地から集まった
脱原発への強い意志を持つ方々による
九電との交渉の様子を約2時間。

今回はあえてほとんど編集なしの映像を
見せて頂きました。
こういった映像は、
マスコミの報道では見ることの出来ない貴重なものです。

交渉の最後にお話をされたのは、
元GE(*下記参照)の技術者であり、
福島原発の建設に携わった菊池さん。
経験からくる原発の危険性の指摘は
説得力がありグッとさせられました。


毎度のことですが、
話し合いの時間はなく、
懇親会に突入。。。

meeting0617.jpg
枝豆パーティー?


定期的に通信の発行予定ですが、
第1号完成まで気長にお待ち下さい。。。


次回の会議&試写会は、
7月15日(金)19:00~です。
場所:NPO環境未来センター希望 研修室
   (中央区薬院4-3-7大林フローラ薬院2F)


(*)
福島原発の原子炉は、
米国のゼネラル・エレクトリック社 (GE)
によって設計されたものを基本としています。

ちなみに、
玄海原発と川内原発はどこが設計したのか・・・?

原子炉形式は、
福島原発が沸騰水型軽水炉で、
玄海原発と川内原発は加圧水型軽水炉です。

某サイトに、
「加圧水型原子力発電所の設計・製造・建設は
MHI(三菱重工業)、WH(ウェスティングハウス・エレクトリック)が
その主要なメーカーであった」
とあるので、
九州の原発の設計は、
三菱重工でしょうか?

だからと言って、
安全性が保証されてはいませんが。。。

ウェブ管理人H
スポンサーサイト

category: 報告

2011.06.20    trackback: 0 | comment: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://nishiyamamovie.blog39.fc2.com/tb.php/29-030ee669
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。